女優の戸田恵梨香(28)が20日、都内で行われた映画『デスノート Light up the NEW world』(29日公開)ジャパンプレミアに出席。前作の『デスノート』に引き続き、10年ぶりにミサミサこと弥海砂(あまねみさ)役を演じたことについて「同じ役を10年ぶりにやるというプレッシャーは、すごく大きかったです」と明かした。
 会場から「ミサミサー!」の大歓声で迎えられた戸田は「まさか『デスノート』をまたやるとは思っていませんでした」とにっこり。前作で海砂を演じた感想を聞かれると「当時はデビューして1年も経たない、ど素人だったので撮影とかはいっぱいいっぱいでした。大きなスクリーンで自分の名前が上がって来るのも、初めてでした。自分にとって大きな存在で、かけがえのないものですね」としみじみ語った。

 海砂の立場の変化についても言及し「ミサミサ自身がアイドルから女優になったという変化があって、10年前の作品が参考になるようでならない部分もあって、どこを取り戻してどこを捨てるのかっていうのが難しかった」と役作りでの苦労を告白。共演者の菅田将暉から「ミサミサにお会いできて、大興奮でした。けっこうバクバクでした」と憧れのまなざしを向けられるも、すぐさま「そんなことなかったよね!」とツッコミを入れて、会場の笑いを誘っていた。

引用元URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00000336-oric-ent

デスノート学生時代に読んでいました。
あれから10年⁉うそやん‼
ビックリしました。 

 

よろしければフォロー&シェアしてください
ランキング参加中です。
下のバナーをクリックしていただけると、嬉しいです♪

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村