3月21日の舞台公演中に右大腿骨頸部を骨折し長期休養していた歌手でタレントの研ナオコ(63)が28日、都内で退院会見を開き、元気に歩いて登場。
会見では驚異的な回復だったことを明かし、「200歳まで生きるつもり」と高らかに宣言した。

笑顔で登場した研は「なんとか杖なしで歩けるようになりました」と元気に語った。大きなケガとは無縁の生活を送ってきたが、63歳にして右大腿骨頸部骨折し、全治3ヵ月と診断された。会見では「折った瞬間は異様な痛さで言葉が出ないぐらいの息苦しさを覚えた」と振り返る。

 しかし、手術後は驚くようなスピードで回復。すぐに歩くトレーニングを開始し、杖を使って歩く訓練も2日ほどで終わらせ、杖なしの歩行を始めたという。さらに「私、ヒール履くんでって言ったら、杖なしで5センチぐらいのヒールで歩きましょうって。普通ではありえないって言われました」と明かした。1ケ月の急仕上げではあるが「一日でも早く元気な姿を皆さんに見せられればと思った」と力強く語った。

参考URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000364-oric-ent

よろしければフォロー&シェアしてください
ランキング参加中です。
下のバナーをクリックしていただけると、嬉しいです♪

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村